季節子供の保育園

人気記事ランキング

ホーム > アパート経営 > ガーデニングのリフォームで気を付けたい事わかってます?

ガーデニングのリフォームで気を付けたい事わかってます?

自宅でガーデンニングなどを楽しむという人が増えてきています。

都会にいても自宅の周りが植物に囲まれることで、よりリラックスして生活することができます。

ベランダなどで植物を育てるという人から、庭の大部分に植物を置いて、少し規模の大きなガーデニングを行うという人まで、ガーデニングのやり方は、人によってさまざまです。

特に一軒家でガーデニングをやっている人は、いくつもの綺麗な花を育てたり、植物をより大きく育てることができます。

ガーデニングのリフォームを行うポイント!

家につるを巻き付けたりする人もいるのですが、そこまでいかなくてもバーゴラを設置して、そこに植物のつるを巻き付けるなどすると、かなり本格的なガーデニングの雰囲気がでます。

バーゴラは、木材などで作った棚で、植物のつるを這わせることを目的としています。

住宅以外でも公園や庭園、遊歩道などにも多く設置されていて、様々な植物が巻き付いています。

主につる性の植物を絡ませることが多いのですが、植物が巻き付くことで日陰を作ることができるので、その下でお茶をすることもできます。

バーゴラにからませる植物は、フジ、キウイ、ノウゼンカツラ、バラ、ムベなどが適していると言われています。中世のヨーロッパなどでは、ブドウをバーゴラに絡ませていることが多かったとのことで、ブドウを絡ませてもいいようです。

バーゴラをうまく使ってリフォーム

バーゴラは、ほとんどのものが長方形となっていて、他には正方形、扇型、円形、菱形などの形状があります。

自分で自作をすることもできますが、材料としてはウエスタンレッドシーダー、ACQ防腐加工剤、SPF材を使用することが多く、一般的に4×4材、2×4材、2×6材をを使用します。

基礎はフェンスブロック、ポストシステムを使って作るのですが、自分でバーゴラを作成する際には、水平器などを使って、しっかりとしたものを作るようにしたいものです。

通販ではバーゴラのセットも販売されています。

組立式のものになりますが、一つ一つの材料を用意するよりは、こうしたセットを購入して組み立てた方が、スムーズに作成することができます。

くれぐれも訪問販売のリフォーム営業マンには注意してくださいね。

参考:リフォームの営業マンは怪しい?